HOME*MCL

Europe House


1968年
---

ヨーロッパの企業がまだ日本にあまりなかった頃、フランス製品の輸出を促進するために東京港区に事務所が作られました。数々のセミナーや国際会議を主宰。日仏間の文化交流と技術交流に貢献しました。

1989年
---

日本法人株式会社エム・シー・エルとして発足。フランスの作家や職人の作品を商品化、主としてTVや通販誌を通じて販売しております。“世界のロングセラー”で有名な<マルセイユ石けん2.5kgビッグバー>も、公爵家の日常から生まれた<ル・プランス・ジャルディニエ>のガーデニング製品もコルシカ島のあのエクストラバージン オリーブオイルも、私たちエム・シー・エルが輸入、販売しているものです。

2004年
---

Europe Houseホームページ≪ヨーロッパハウス フランス職人館≫を開設しました。
同時に東京都中央区東銀座に、≪ヨーロッパハウス≫をオープンしました。
ヨーロッパハウス≫は私たちが輸入する商品を展示するショールームです。職人たちの技術や文化を伝えるギャラリーでもあります。小さくても贅沢なスペースと、ご好評をいただいております。是非お訪ねください。銀座4丁目の交差点から歩いて10分ほどの所です。

2007年
---

18世紀の技法を今に伝えるパステル工房ラ・メゾン・デユ・パステル社の製品を日本に導入。ドガを初めとする印象派の画家たちが使ったパステルとその文化の紹介に努める。2008年9月30日より10月13日まで日本橋三越本店開催のフランスフェアに参加。日仏交流150周年を記念してラ・メゾン・デュパステル社のパステルを発売。

2010年
---

横浜美術館に於ける「ドガ展」開催。NHK教育TVによるラ・メゾン・デユ・パステル社の取材と番組「日曜美術館」による工房の紹介。エム・シー・エルラ・メゾン・デユ・パステル社の活動と製品を通して文化活動へ参画。

2012年
---

高橋美記子エム・シー・エル ヨーロッパハウス代表取締役、フランス共和国より国家功労章を授与。4月1日、駐日フランス大使館公邸に於いて、クリスチャン・マセ大使による授与式が取り行なわれる。

2013年 4月
---

新宿伊勢丹フランスフェアに参加。画家・共立女子大学文芸学部教授須田基揮氏の指導の下「パステルのワークショップ」を開催。

2013年 4月
---

神田神保町にある老舗画材店「文房堂」によるラ・メゾン・デュ・パステル社のパステル販売開始。

2013年 12月1日〜2014年 4月6日
---

箱根仙石原ポーラ美術館開催の企画展、『いろどる線とかたどる色』展ラ・メゾン・デュ・パステル社のパステル714色が展示。
目黒区美術館蔵「画材と素材のひきだし博物館」の展示とあわせて、企画展をより一層楽しむための手引きとなる。

2015年5月
---

創業1836年、絹織物で名高いリヨンの老舗『TSD-リヨンズタッチ』の代理店に指名。
フランス革命を経て父から子へ、母から娘へ受け継がれたジャカード織りの伝統を日本に紹介。2015年5月新宿伊勢丹、同9月ジェイアール名古屋タカシマヤ、同9月池袋西部本店においてスカーフのコレクションを展示・販売。

2015年12月
---

今治の宮崎タオルにオリジナルのショールの製作を依頼。織り上げた「生成り」のショールをフランス、ミディピレネーの工房に送り、この地で僅かに採れる植物繊維の青/パステルブルーで染める。
Lectoure と今治を結ぶ初の日仏発のコラボレーション、縦糸にスーピマ オーガニックコットンを用いた三つの製品が完成する。
-「風の青」 200☓70cm
-「生成り」 200☓70cm
-「純白」  200☓70cm


 エム・シー・エル ヨーロッパハウス
 東京都築地4-4-14
   Tel: 03-3541-1461
   Fax:03-3541-1469
  アクセスマップ