マルセイユ石けんビッグバー物語 石鹸の歴史・マルセイユ石けんの歴史 メーカーのマリウス・ファーブル社について マルセイユ石けんビッグバー(化粧石鹸)について マリウス・ファーブル社のマルセイユ石けんビッグバーの特徴 マルセイユ石けんビッグバーの使い方・お客様の声 お客様のご要望にお応えして

マルセイユ石けん

お知らせ
Covid-19 新型コロナウィルス感染症とマルセイユ石けんビッグバー
― 石けんで洗って、きれいな水でしっかり流す
― 日々これを習慣づける
― 私たちをウィルスから守る最良の方法です

フランス、ストラスブール大学病院感染症学及び公衆衛生学専門医Dr. Stéphan GAYET は、フランスのOise県で二人目の死者が報じられ、医療用のマスクが瞬く間に店頭から消え、人々の関心がもっぱらアルコール溶液に向けられた2月に、石けんによる手洗いを提言しました。
ウィルス、特に新型コロナウィルスのように未知のもの、その正体がわからないものに対して最も有効なもの、それは石けんによる手洗い、それも色素や香料、その他もろもろの添加物を含まない、純度の高いマルセイユ石けんによる手洗いです。
丁寧に洗って、きれいな水またはお湯で十分に流す。これが大切なのです。

石けんによる手洗いは今、ウィルスから身を守るための国際的な指針になりつつあります。では、マリウス ファーブル社のマルセイユ石けんが良いのはなぜ?
それは石けんの素材と作り方、そして石けんそのものが界面活性剤であるということに由来します。

― 界面活性剤って何? 石けんは界面活性剤なの?
二つの物質の境の面を界面と言います。その界面で起きる物理的・化学的な現象を利用して、異なる物質を溶け合わせたり、吸着させたり、反発させたりするのが界面活性剤です。水になじみやすい部分と油になじみやすい部分が均一的に混合した石鹸は、それ自体が界面活性剤というわけです。

― マルセイユ石けんビッグバーはウィルスから守ります。
マリウス ファーブル社のマルセイユ石けんビッグバーも、もちろん界面活性剤です。
オリーブ油が主体ですから、オレイン酸ナトリウム塩と呼ばれ、陰イオン界面活性剤に分類されます。陰イオン界面活性剤は、表面が陽イオンを帯びるウィルス外殻(エンベロープ)のタンパク質と電気的に結びつく性質があり、ウィルスの細胞を覆い、封じ込めて、水に分散し易くします。
封じ込められたウィルスを、きれいな水で十分に洗い流す。これが基本です。
これを日常の習慣とすることで、ウィルスから身を守ることが出来ます。
ちなみにフランス連帯・保健省が勧める手洗いの所要時間と方法は、現在日本で勧められているものとほぼ同じです。

優れた洗浄力と保湿、洗顔石鹸で知られるマルセイユ石けんビッグバーが、公衆衛生の分野でも多くの方たちのお役に立つことを大変うれしく、心強く思います。

マルセイユ石けん「ビッグバー」パーム油不使用宣言と成分変更のお知らせ
植物素材を使うことが、森林伐採につながり、自然環境に負荷をかけるなら、その使用をやめることも一つの選択です。
私達は、ルイ14世の定めた伝統的な製法を守りつつ、植物素材の種類と配分を変え、一年以上の試作期間を経て、より優しく、より洗練された石けんを作る ことに成功しました。

詳しくは、「マルセイユ石けんビッグバーの素材について」をご覧ください。

マルセイユ石けんビッグバー物語

  • はじめに
  • 未知の国へ
  • 石けん屋さんが書いた石けんの本
  • パティネ・スポーツさん、そして西尾忠久氏と日経新聞

石鹸の歴史・マルセイユ石けんの歴史

  • 石鹸の歴史
  • マルセイユ石けんの歴史

メーカーのマリウス・ファーブル社について

    マルセイユ石けんビッグバー(化粧石鹸)について

    • マルセイユ石けんビッグバーの素材について
    • マルセイユ石けんビッグバーの製造方法について

    マリウス・ファーブル社のマルセイユ石けんビッグバーの特徴

    • マルセイユ石けんビッグバーの特徴
    • マルセイユ石けんビッグバーがお手元に着いたら、切って保存してください
    • 切ってさえおけば、30年でも50年でも、もっと長く使えます
    • 曲がっていても、良い石鹸です。大切に使ってください

    マルセイユ石けんビッグバーの使い方

      ご発注先・お問い合わせ先

        ▲PAGETOP