マルセイユ石けんビッグバー物語 石鹸の歴史・マルセイユ石けんの歴史 メーカーのマリウス・ファーブル社について マルセイユ石けんビッグバー(化粧石鹸)について マリウス・ファーブル社のマルセイユ石けんビッグバーの特徴 マルセイユ石けんビッグバーの使い方・お客様の声 お客様のご要望にお応えして

マリウス・ファーブル社のマルセイユ石けんビッグバーの特徴

マルセイユ石けんビッグバーの特徴

---

マルセイユ石けんマルセイユ石けんビッグバーは、オリーブオイルを主成分とする植物油72%、カマルグ地方の天然塩と水。10日間煮詰めて、2日寝かせる。水で洗って2日間粗乾き。棒状に切り出して一本ずつ刻印。南フランス特有のミストラル風が吹くのを待って3週間自然乾燥させます。乾燥を待つ間も時々石鹸の場所を動かしたり、石鹸の向きを変えたりして、満遍なく風が当たるようにします。 伝統的な製法を今もしっかり守って作るマリウス・ファーブルマルセイユ石けんビッグバー。やっぱり違うとおっしゃる方が多いのです。 ビッグバーをぬるま湯で泡立てると先ず感じられるのがシッカリした質感。密度の濃さとでも言うのでしょうか。滑らかで、全く重さを感じさせない透明感のようなもの。この軽さがスープの上澄み。口に含んで確かめるまろやかさが、そのまま肌への優しさに通じます。勿論洗浄力は抜群、キレもよく、洗顔後のツッパリ感もありません。

マルセイユ石けんビッグバーがお手元に届いたら、切って保存してください。

---

マルセイユ石けんがお手元に届いたら、備え付けのカッティングワイヤーでなるべく早い時期に、お好みの大きさに切って保管してください。石鹸の真ん中が指で押すと未だ柔らかい状態でお届けしますから難なく切れます。石鹸は日が経つと、中の水分が少しずつ蒸発して硬くなります。1年も2年もすると、すっかり硬くなって切れなくなります。切っておけば長くお使いいただけます。消費期限はありませんが、切る期限がある、これもマルセイユ石けんビッグバーの特徴の一つです。

 

切ってさえおけば、30年でも50年でも、もっと長く使えます。

---

マルセイユ石けん切ってさえおけば何年でも使えます。硬く石のようになって、表面が茶色く変わっても立派な石鹸です。この細かい泡立ちが良いと、古い石鹸をお好みになる方もあります。私どもの手元にある一番古い石鹸は1940年に作られたものです。こうなるともったいなくて、さすがに使う気がしません。

 

曲がっていても、良い石鹸なのです。大切に使ってください。

---

マルセイユ石けんビッグバーは大きな石鹸ですから、水分が蒸発する過程で、多少反ってしまうことがあります。ヨーロッパからの長い船旅で温度変化の影響を受け石鹸の表面が白くなることもあります。特に寒いヨーロッパの港を出て、暑いインド洋を越え、また寒い日本に着く冬の季節は注意が必要です。ワインのように温度を調節したリーファ・コンテナーで運ぶ方法もあります。空輸することもあります。それでも影響が全くないとは言い切れません。皆様には、良い品と確認してお届けいたしますので、時に少し細めのダイエット型、ちょっとおへその曲がったタイプ、あるいは表面が少し白くなっていたとしても、どうぞ大切にお使い下さいますようお願いいたします。

マルセイユ石けん
▲PAGETOP